基本生地のパン
一昨日焼いた基本生地の 一斤と田舎
e0159987_931432.jpg

e0159987_9312311.jpg

結果から言うと、失敗。成功したことがないのも事実。
焼き上がって食べてみて思うと
どうも、やはり1次がオーバー気味のような。
もう、20~30分早く上げておけばと今さら後悔してるし・・・

1斤の方は、最終でもイマイチ。
逆に短かったんだと思う。
でも、1次がオーバー気味なのでどうにも・・
e0159987_938668.jpg


田舎は、毎度上部表面は白っぽい焼き上がり。
裏側は良い感じの焼き色なんだけど・・・。一本線入ってるしね。
最終、時間的にはこんなもんなのかな・・・?
e0159987_9401169.jpg


捏ね上げ温度は19℃で、そのまま恒温器へ入れた。
1次の温度は気を付けて、上がりすぎないようにしたが
切ってみると断面黄色。
何が原因?やはり、1次がオーバーだったから。

今回、捏ねの時は水道から浄水器通してすぐの冷水だったので
冷えすぎてて実は捏ねにくかったの思い出した。

夏も難しいが、冬もまた違うことに気を付けたりして毎回違う焼き上がりになってしまうな。
ほんと、むずかしい。。
[PR]
by mi-komamayan | 2010-01-13 09:53 | パン
<< パンの捏ね台 三九郎2010 後編 >>