「ほっ」と。キャンペーン
がんづき oishii
『がんづき』 って言って仙台の昔からのお菓子
何年か前に仙台に帰省したときに義母に作り方を教えてもらいました。

e0159987_6111338.jpg

ねっとりタイプとふっくらタイプがあるらしく
コレは↑ねっとり系 「ういろう」みたいな食感なのかなぁ。
ういろうより、ちと重い感じもする。

作り方はいたって簡単♪なんですよ。

<材料>
・小麦粉・・・・・200g
・砂糖・・・・・・・200g
・水・・・・・・・・・200g
・塩・・・・・・・・ひとつまみ
(↑塩以外は、全部同量)
・くるみ・・・・・半カップ

<作り方>
1:小麦粉と砂糖と塩を混ぜてふるう
2:そこへ、水を少しづつ加えていきよく混ぜ合わせる
3:30分ほど冷蔵庫で寝かせたら、サラダ油を薄く塗ったパウンドケーキ型に入れて
  トントンと数回高いところから落とし、中の空気を抜く。上に胡桃を乗せる。
4:アツアツの湯気の上がった蒸し器に入れて布巾をかけ35分ほど蒸す

*真ん中上部を押して弾力があれば蒸し上がってます

e0159987_6202377.jpg


これは、先日下の子の七五三の時にお祖母ちゃんに着付けをしてもらったり
母にスタジオ写真を撮ってもらったりといろいろお世話になったので
差し入れしました。
e0159987_622980.jpg

トトロのドングリの包みみたくして・・・

コレと、玉露やコーヒーが合うんですよね~
e0159987_6232227.jpg


簡単で素朴な美味しさですよ。
[PR]
by mi-komamayan | 2009-11-17 06:26 | おやつ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mamayan.exblog.jp/tb/11596838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by placekicker at 2009-11-18 01:01 x
俺はねっとり派かな。
岩手、山形、福島でも食べるよ。
南東北は蒸しパンみたいながおおいかも

重曹有り無しの違いとか。

ういろうは、小麦粉蒸したのだよ。
Commented by mi-komamayan at 2009-11-19 08:07
placeさま
おはよ~。

福島にもあるんだね~。仙台だけかと思ってた。
父ちゃんは、黒糖のフワフワ派も好きらしい。

ういろうも、小麦粉蒸したのなら同じなんだね。
でも、食感の違いは何か副材料が違うのか?

ちょっと、調べてみたら私の食べたことのあるのは上新粉で作ったものだったかもね。
ういろうより、こっち(がんづき)の方が美味いと思います。(個人的に)
Commented by spoonwindow at 2009-11-20 18:23
ういろうもかんづきもいまいち好きになれそうのない私にとって
名古屋、長野を敵視・・・・・・・。
ういろう、かんづき、スライスして揚げたら喰えるかも。
新たな調理法を模索してしまいそう・・・・・。
Commented by placekicker at 2009-11-20 23:42 x
いや、東北も敵視でんがな。spoonはん。
Commented by spoonwindow at 2009-11-21 08:32
関が原より向こうは行けねぇ~。
東北もだめなんっすね・・・・・。
Commented by mi-komamayan at 2009-11-21 16:22
がんづきって元々、東北のもんやからねぇ。
長野も敵視は寂しいわ。
揚げるより網焼きしたらどうですかね?無理強いしませんが・・・(笑)

長野(ウチの近所)では、がんづきウケてたんですけど
結構不評なご意見もあるんだなぁと、勉強になります。
spoonさんは、見た感じ生っぽいのがイマイチの原因なのかいな?
今度、揚げて食してみたらアップします(笑・ウソ)
<< ボジョレー解禁日&自家製ピザ 車干し・・・(泣) >>