基本の生地のパン
この間の台風の日に焼いていたパン。
e0159987_14593431.jpg

e0159987_15005.jpg

新しいホシノ丹沢酵母が出来上がっていたので早速使う。

1次発酵中、恒温器から取り出して蓋開けてみた。
やっぱり新しい酵母だから発酵中の香りが良い。
この間のベーグルん時とは比べものにならない位フワッと豊かな香り。

室温に放置だと、もう低すぎてなかなか発酵が進まない。夜ならなおさら。

でも、恒温器に入れたので12時間強で上がってきた!
膨らみ方も勢いある。

成形もべとつく感もなくスムーズ。
先に田舎の成形。
次にバタール(チョット手こずったんで良いカンジに田舎と時間ずれた)

田舎の写真、なんでこっちから?でしょう。
だって反対側爆ぜてるんですもん。汗
チョット若かったかも。
最近オーバー気味だったんで焦りすぎたかも。

田舎の断面(ホカホカで切ったんで断面きたない)
e0159987_1561281.jpg

手前中心、奥端側の断面です↓
e0159987_1571340.jpg



バタールのアップ
e0159987_1545067.jpg

やっぱり1次が若かったのか、こちらも爆ぜ気味。。

香りは粉の香りがフワッとして豊か、食感はパサ感もなく前より良い。
でも、前より良いってだけで これが良いんではない。。
生きてるね、このパン。おもしろい。
[PR]
by mi-komamayan | 2009-10-10 15:12 | パン
<< はざ掛け米の脱穀 パーティーおつまみ☆豚の塩釜焼き >>